スマートフォンサイトへの切り替えはこちら


 婦人科産科となりクリニック



トップページ プロフィール 診療時間 アクセス 施設紹介
診療案内 検診案内 プラセンタ療法 雑記帳 お問い合わせ お知らせ
 

プラセンタ療法

【プラセンタ療法】についてご案内致します。

 

プラセンタとは?

妊娠中につくられる臨時の臓器「胎盤」のことです。妊娠の期間中、胎児に必要な酸素や栄養素の供給を仲立ちし未熟な胎児の消化や排泄を助けます。そのほか胎児が健やかに育つために、様々な働きをしています。胎児の発育を支える非常に大事な臓器です。
 

自然治癒力を高めるプラセンタ

プラセンタの最大の特徴として[自然治癒力]の増大があります。体の不調を慢性化させない自然薬として注目されています。また、肝炎・更年期障害と乳汁分泌不全に対しては厚生労働省から保険適用が許可されている副作用の少ない医薬品です。
 

薬理作用の多様性

もともと肝疾患の治療薬として開発されたものですが、使っているうちに患者さんの様々な症状の改善が報告されてきました。その様々な薬理作用の主なものは次の通りです。

      *自律神経調節作用
      *抗疲労作用
      *基礎代謝向上作用
      *抗アレルギー作用
      *免疫賦活作用
      *血行促進作用

      *内分泌調整作用
      *産後の乳汁分泌促進作用
      *強肝・解毒作用
      *抗炎症作用
      *活性酸素除去作用

プラセンタの臨床効果が多数報告されています。以下、ご紹介致します。

      【婦人科】
        更年期障害 乳汁分泌不全 月経痛 生理不順 冷え症など
      【内科系】
        頭痛 口内炎 喘息 肝炎 肝硬変 るいそう 胃炎 胃潰瘍など
      【整形外科系】
        肩こり 腰痛 ひざ痛など
      【皮膚科】
        アトピー性皮膚炎 乾燥肌 シミソバカス あかぎれなど
      【精神神経科】
        うつ病 自律神経失調症 不眠症など
      【耳鼻咽喉科】
        アレルギー性鼻炎 花粉症 メニエール病など
      【眼科】
        アレルギー性結膜炎 視力低下など
      【その他】
        疲労 虚弱体質 病中病後の体力回復 アンチエイジングなど

 

プラセンタQ&A

Q:プラセンタの安全性は?
A:
プラセンタの注射製剤は人の胎盤から抽出したエキスを原料に作られた生物製剤です。原料となる胎盤は肝炎やエイズ等の感染症のない国内の健康な女性から提供された胎盤を使用しています。また製造過程で血液やホルモンはすべて除去し、加熱滅菌処理をしています。感染症に対して万全な安全対策がとられています。

Q:副作用の心配は?
A:
プラセンタの注射剤は50年以上も使われていますが、重大な副作用は報告されていません。注射剤ですので注射部位が腫れたり痛かったりはありますが、副作用の心配はほとんどありません。

Q:治療の頻度は?
A:
症状にもよりますが当初の1〜2ヶ月は週1回で、症状の改善がみられたら維持療法として月1〜3回が目安となります。一回の注射剤の量は通常1〜2アンプルです。
 

薬用としてのプラセンタの歴史

紀元前から洋の東西を問わず、プラセンタは乾燥して粉末にすることで薬として利用されてきました。
「西欧医学の父」と呼ばれるようになったヒポクラテスが治療に使い、クレオパトラ(紀元前69年〜30年)や王妃マリーアントワネット(1755年〜1793年)が美容のために利用したと言われています。
中国では秦の始皇帝以後の歴代皇帝が不老長寿の妙薬として用いていたとされています。さらに明時代の薬学書「本草綱目」(1596年)には、「紫河車」の名で高齢者や虚弱者向けの滋養強壮剤として記載されています。
西洋医学的な使用法を開発したのは旧ソ連のV.Pフィラートフ博士です。1930年冷凍保存したプラセンタや皮膚を皮下に埋め込む埋没療法でした。第2次大戦後日本でも取り入られその効果が高く評価されていました。日本で1950年代に埋没療法の研究を基により安全で簡単な治療ができるプラセンタ抽出エキス由来の注射剤が東京大学医学部の研究者や熱心な医師たちにより1954年「メルスモン」が、また別に稗田憲太郎博士によって1959年「ラエンネック」が開発されました。これにより多くの患者さんがその恩恵を受けられるようになりました。またその後、サプリメントやプラセンタエキスの応用が活発化してきました。

〒890-0052
鹿児島県鹿児島市上之園町24-2
第12川北ビル1F
婦人科・産科となりクリニック
tel:099-812-6555

Copyright © 2004 Tonari Clinic all rights reserved.
by 婦人科・産科 となりクリニック